2018年11月11日日曜日

マツコ&有吉 かりそめ天国 の取材を受けました


昨日、マツコ&有吉 かりそめ天国 の取材を受けました。
まだ製作段階なので、映ることは決まっていませんが、、、

11月10日にマツコ&有吉 かりそめ天国の製作スタッフが銀座店に来られました。
そこでうちの母親、マリコさんが2人のスタッフ相手にお話をしたらしいです。

うちのマリコさんは、面白いし、良いキャラクターを持っていると思うので(と私ながら思っています)、何とかこの企画で話がまとまればよいと思います。

また、取材時に来店されたお客様には、ご迷惑をおかけいたしました。

イギリスの帽子文化の歴史は古く、1700年代から社交場で使われており、目立つためのおしゃれを競っていました。
ダイアナ妃の着用する帽子はシックでいてエレガントさを感じられる帽子が多く、ダイアナ妃のスタイルの良さを引き立てていました。
イギリスでは言い方を変えると、奇抜なデザインの帽子が多いのですが(下の写真参照)、彼女の帽子はお洋服ともピッタリあっていて、上品さを失うこともなく、素晴らしい組み合わせが多いと思います。



イギリスのファッション界に貢献したいと考えて、イギリス製の洋服を着ることが多かったダイアナ妃ですが、海外産ではフランスのシャネルとイヴ・サン=ローラン、イタリアのモスキーノ、西ドイツのエスカーダが好きでした。
またお買い物するときも、特別扱いされることなく`みなさんと同じように普通に買い物がしたい`と言われ、またお支払いもお国のお金ではなく、夫のお金から支払っていました。

そしてなにより彼女が世界から称賛され人々の記憶に残っている理由が貢献した様々なチャリティー活動です。
エイズへの偏見をなくすために彼女はエイズ患者と握手をするときに手袋を取ったことも有名ですが、彼女はエイズ患者と触れる、はじめてのイギリス王室ファミリーの人物です。
当時、あまりエイズの知識が知られていなかったこともあり、それが偏見へとつながっていましたが、彼女の行動が社会を変えました。

地雷原歩いたダイアナ。

ダイアナ妃はアンゴラで地雷撤去活動に参加しました。
1997年1月、アンゴラの地雷原に赴き、防護服を着け、ガイドに導かれて歩きました。
このダイアナの勇気ある行動は対人地雷禁止条約として実を結びます。
162カ国が地雷禁止条約にサインして、5100万発の地雷を破壊しました。

ダイアナ妃の血を受け継いだ王子たち。

その彼女の活動を目の当たりにしてきた息子二人、ウィリアム王子はダイアナ妃のような繊細さ、人間らしさ、親しみやすさが感じられる人柄だそうです。
ヘンリー王子は人種差別を嫌い、メーガン妃と結婚するときも、周りの反対を押し切り、結婚できないなら王室を出るとまで言い、現在の結婚に至ります。

2018年8月21日火曜日

プリンセスダイアナ(続き)


プリンセスダイアナ(続き)

遅くなりましたが、この前の続きを書きたいと思います。
まずはスペンサーティアラです。
実家のスペンサー家に伝わるこのティアラ、スペンサーティアラを着けたのが結婚式のときです。
ちなみにスペンサー家はイングランドの貴族で何世紀もの歴史があります。
ヨーロッパの結婚式ではサムシング・フォーと呼ばれる習慣があります。
なにかひとつ古いもの(Something Old)
なにかひとつ新しいもの(Something New)
なにかひとつ借りたもの(Something Borrowed)
なにかひとつ青いもの(something blue)





































そのうちのひとつ「サムシングオールド」として着用したティアラは、それ以後も晩餐会などで着けられました。
他の王室と同じくこのスペンサーティアラは、いくつかのジュエリーによって出来ています。
真ん中のジュエリーは、ダイアナ妃の祖父が結婚式のために、1919年にプレゼントしました。
一番古いパーツは端の部分で、1875年にイングランド貴族のモンタギュー家からプレゼントされました。
そして1937年に4つのパーツをもとにスペンサーティアラが作られました。下はスペンサーティアラを身につけた歴代の人物です。
左からシンシア・スペンサー(ダイアナ妃のおばあちゃん)、ジェーン・スペンサー(ダイアナ妃の姉)、プリンセスダイアナ、そして一番右がビクトリア・ロックウッド(第9代スペンサー伯爵の妻)。
また比較的新しいニュースでは、今年2018年8月に、ダイアナ妃の姉の娘、セリア・マッコーコデールさんが、スペンサー・ティアラを身につけて結婚式を挙げたそうです。


民衆のプリンセスとして知られ、、当時良く息子二人(ウィリアム王子とヘンリー王子)を連れてケンジントン宮殿(チャールズ皇太子とダイアナ妃が住まわれていて、離婚後もダイアナの公の居住地はこの場所にありました。)近
くのマクドナルドに行き、ハンバーガーやポテトを食べていました。
イングランドのバラ、プリンセスダイアナはファッションのアイコンでも有りました。
彼女は当時のイギリス女性が最も尊敬する女性であり、彼女のスタイルは現在も、スタイリスト、セレブレティ、若い女性にも影響を与えています。
ファッション雑誌『ヴォーグ』の編集員アンナ・ハーヴィがダイアナ妃専属のスタイリストでした。
彼女を通して様々なデザイナーを知り、とくにデザイナーのキャサリン・ウォーカーと帽子職人のフィリップ・サマービルが好きでした。
下の写真はエルビスドレスと呼ばれるドレスです。


かのエルビス・プレスリーのように、胸元を開いて、デコルテラインを強調させるドレスです。



2018年8月7日火曜日

今日は私が大好きなダイアナ妃のお話です。

   アンティークジュエリー|アンティークマリコ銀座
        https://mariko.cn


Embed from Getty Images

生誕

今日は私が大好きなダイアナ妃のアンティーク、ビンテージジュエリーのお話をしたいと思います。
ダイアナ・フランシス・スペンサーは、1961年7月1日に、ノーフォーク州サンドリンガムの貴族の家に生まれた。
その貴族はイギリスでも名門貴族の、17世紀以来続く貴族の家系、スペンサー伯爵家です。


出会い、そして婚約

後に結婚するチャールズ皇太子とのはじめての出会いは、1977年に姉セーラと交際していたときです。
出会った頃の印象としては、皇太子の友人の話によると、恋心はなく、陽気で明るい少女という感想を抱いていました。
その後、ロンドンで一人暮らしを始まり、1979年に、イギリス王室のサンドリンガム邸で開かれたパーティにダイアナらスペンサー伯爵家令嬢たちが招かれたのをきっかけに、そして、1980年にお二人のお付き合いが始まりました。
そして1年後にプロポーズを受け婚約いたしました。
その時の婚約指輪がこれです。

価値は現在で約5000万円ということです。
アーム部分は18カラットホワイトゴールド、14石のダイヤモンドを周りに使い、真ん中は12カラットの世界中の皇室御用達のスリランカ産、セイロンサファイアを使っております。

この指輪はウイリアム王子と結婚したキャサリン妃の婚約指輪と同じものです。
ちなみに、この指輪を指につけるにあたって、サイズ直しを行わなくてはならなかったのですが、キャサリン妃はプラチナでできた粒金細工を指輪の内側に施すことによって、サイズをI(日本では7または8号)からH(日本では6から7号)にサイズ直しを行いました。


婚約指輪といえば、メーガン妃の婚約指輪の宝石の一部は、ダイアナ妃が所有していた宝石です。
下のメーガン妃が指につけているトリロジーリングの3石あるダイヤモンドのうち、両側の2石のダイヤモンドはダイナア妃のコレクションの一部です。














話をダイアナ妃に戻すと、1981年2月6日にプロポーズを受け、同じ年の7月29日にセント・ポール大聖堂で結婚式を行いました。
この結婚式で頭につけたのがダイアナ妃が生まれたスペンサー家に伝わる、スペンサー・ティアラです。 話が長くなるので、今日はここまでとして、また近日中にダイアナ妃のティアラからの続きを載せます。
 しばらくお待ち下さい。
ここまで読んでいただいてありがとうございます、それではまた近日中にお会いしましょう!!

2018年7月30日月曜日

メーガン・マークル妃がロイヤルウェディングでつけたティアラの話です。

私が大好きなメーガン・マークル妃がロイヤルウェディングでつけたティアラの話をしたいと思います。





今日は、話が少し古くなりますが、メーガン・マークル妃が結婚式で頭につけたティアラの話をしたいと思います。

まず最初にロールスロイスの中にいるときに見えた瞬間は、シンプルでキラキラして、なんてゴージャスなティアラだと思いました。
メーガン妃が車から降りて、教会に降り立ったときにその全貌が明らかになったときには、なんて繊細な作りで、大きなダイヤモンドが素晴らしく、また価値がつけられないくらいのゴージャスなティアラだなぁ、素敵と思いました。


全体的に透かしが入っており、プラチナとダイヤモンドが、メーガン妃の黒い髪の毛に見事に映えます。
そして5メートルの真っ白いベールとの組み合わせは、まさに、シンプル&エレガントだと思いました。


私は時々スーツというドラマを見ていたので、結婚式が待ち遠しく、まずメーガン妃って声が可愛くて顔も理知的で素敵だけど、スタイルも抜群。

話を戻すと、ティアラは真中部分のクラスターのブローチに合わせて作られました。

ちなみにブローチは1893年にジョージ5世と結婚した、王妃メアリーに贈られたプレゼントです。
結婚後、40年たった1932年にこのティアラが作られました。
そして1953年に王妃メアリーから現・女王エリザベスに渡されました。
そしてエリザベス女王からこの日のためにメーガン妃に貸し出されたのがこのティアラです。

公式の情報によると、"ティアラはダイヤモンドとプラチナを使い、ブローチは取り外しができて、10個のダイヤモンドをあしらった、お花モチーフのクラスターのデザインです。"

それからイヤリングとブレスレットはカルティエによって作られました。


またベールとウエディングドレスは、このときにGivenchy(ジバンシィ)のアート・ディレクターである、イギリス出身のクレア・ワイト・ケラーさんによってデザインされました。

このベールには隠された意味があり、ケンジントン宮殿の公式声明によると、メーガン妃は”53カ国が加盟しているイギリス連邦の思いとともに”ということです。
見えづらいですが、ベールにはお花の刺繍を施してるらしいです。
ワイト・ケラーさんによるとベールはイギリス連邦のそれぞれの国の花を表し、それが組み合わさって、一つの大きなデザインになっています。

最後に、私はよくインターネットでメーガン・マークル妃の記事を探して読んでいます。
噂なので、本当のことはわからないのですが、王室に入って色々と大変そうで、頑張って欲しいです。

2018年7月24日火曜日

今日載せたアンティークジュエリーの指輪と愛犬の紹介です。

ホームページは下をクリックして頂けたら見れます。

www.mariko.cn アンティークマリコ銀座

本日、ホームページにアップロードした商品を紹介します。
 

左はダブルハートのローズカットダイヤとガーネットの指輪です。
右は商品ではなく、愛犬です。
最近、猛暑なので散歩に行けなくて不機嫌ぎみのシャンティーちゃんです。
下をクリックして頂けたら最新の商品が見れます。

www.mariko.cn アンティークマリコ銀座

2018年7月23日月曜日

本日、ブログ開設しました。

本日からアンティークマリコのBlogを開設させて頂きます。
ホームページは下をクリックして頂けたら見れます。

www.mariko.cn アンティークマリコ銀座

本日、ホームページにアップロードした商品を紹介します。

 

左が1カラットオーバーのオパールと24石のサファイアを使った指輪になります。
宝石だけ見てとってもボリュームが有るのですが、お値段もお求めやすい価格の58,000円となっております。
右がマイクロモザイクのブローチです。
お花とその上に小鳥が留まった、可愛らしいデザインのブローチです。
お値段は10,000円、割引させていただきまして128,000円となります。
詳しい商品説明は下のアンティークマリコ銀座をクリックして頂けたら、ホームページに飛びます。

www.mariko.cn アンティークマリコ銀座


お店の紹介をさせて頂きます。
東京メトロ銀座駅から徒歩0分のGINZA FIVEの2階にお店があります。
また JR 山手線 有楽町駅より徒歩約4分
東京メトロ 日比谷駅より徒歩約5分
阪急百貨店の向かい側、
東急プラザのとなり となります。
ホームページの銀座店のボタンを押して頂けたらマップをご覧になれます。

1000点以上のアンティークジュエリーを取り扱っており、ジョージアン、ビクトリアン、エドワーディアン、アール・ヌーボー、アールデコ、そしてビンテージまで幅広く取り扱っています。
ダイヤモンドのカットはオールドヨーロピアンカット、オールドマインカット、シングルカット、フラットカット、ブリリアントカットです。

当店では世界で最も権威のある米国宝石学会(GIA)の宝石鑑定の資格を持っておりますので、ご安心してお買い頂けます。
別途ですが希望者には宝石鑑定書もお付けいたします。

ホームページではアンティーク辞典(アンティークにまつわる知識)を載せていますので、時間があれば閲覧してください。
また将来的には宝石別、種類別とその知識を載せていく予定です。
今暫くお待ち下さい。

今現在では指輪、ブローチ、ブレスレット、時計、ネックレス、ペンダント、ピアス別。
年代ではジョージアン、ビクトリアン、エドワーディアン、アール・ヌーボー、アール・デコ別に分けています。

その他には他のお客様が購入した際に頂いたお言葉を載せています。
是非参考にして頂けたら幸いです。

サイズ直しは無料で行います。
送料も無料でお送りいたします。

ホームページは週に6回、このブログはこれから、どんどん更新してまいりますので、どうぞ宜しくお願いたします。